睡眠の質と、過労死との関係

過労死の原因は睡眠の質とも関係があります。

質の良い睡眠をとらなければ、疲れは毎日たまり続けます。

 

1980年代に、アメリカの研究者がネズミを使って、『睡眠をとらずにいると、どうなるのか?』というテーマの実験が行われました。

 

その実験データを分析してわかったことは、
@ネズミは一時的には普段よりエサを多く食べるようになりました。
A次第にやせ細り、最終的には10〜20日で死んでしまいました。

 

 

ネズミには睡眠をさせなかったので、疲れを回復するときが全くなかったわけです。

 

この分析結果をまとめますと、疲れを蓄積し続けると、最悪の場合は死んでしまうということが言えます。

 

 

 

しかし、たとえ睡眠をとっていたとしても、睡眠の質が良くなくて、疲れがたまっていってしまうと、体に様々な悪い異変や影響をもたらすことになってしまいます。

 

その悪影響の代表的なものは生活習慣病です。

 

疲れが原因で病気になる代表例としては、がん、脳卒中、高血圧、糖尿病などです。

 

その他にも、まだまだあります。

 

@胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化器の病気
A花粉症・じんましん・アレルギー性鼻炎の慢性化口内炎
B口内炎
C歯槽膿漏などの口の病気

 

このように、生活習慣病とは恐ろしいもので、少しづつ、身体に蓄積した疲れは、様々な病気のリスクを増やしてしまう結果にもなります。
私たちは健康を維持するために、起きている間のケアも大切ですが、たまった疲れを解消できる質の良い睡眠をとる必要があります。

 

 

 

 

睡眠の質が悪ければ、眠っても疲労は回復しない

 

睡眠時間は、『長ければ良い』というものではないです。

 

睡眠は、量より質という真実があります。

 

 

1980年代のアメリカで、約百万人を対象とした睡眠時間と死亡リスクの関係性の大規模な調査が行われました。

 

こういう調査では、対象人数が多いほど、信ぴょう性が増してきます。

 

 

 

その調査は、驚きの結果を出しました。

 

 

普段6時間しか眠っていない人のほうが、毎日10時間以上眠っている人より、なんと死亡リスクが低いということでした。

 

 

この調査結果から、明らかにわかることは、睡眠時間が長い=健康  ではないという事実を証明しています。

 

 

 

この調査結果を見て、

 

 

『それなら、毎日10時間眠っている人が、睡眠時間を6時間に減らしたら、長生きできるってことなの!?』

 

と疑問に思われた方もおられると思いますが、その答えは、バツです。

 

 

 

その理由は、毎日10時間眠っている人は、もともと睡眠の質が悪いから、疲労が回復するのに時間がかかるので長時間寝なければいけないという可能性が高いのです。

 

その睡眠の質の悪い人が、もしこの統計結果を聞いて、単純に睡眠時間を6時間に減らしたら、逆に疲労がどんどん蓄積し、寿命を短くしてしまう恐れも出てきます。

 

 

 

色々な事例を見ていくと、『睡眠は量より質』ということが良くわかりました。

 

 

ただ、人によって、疲労が回復するのにかかる時間が異なるので、自分のことをよくわかってくれている病院の先生以外の人に

 

「1日何時間睡眠が健康に良いのですか?」という質問をすることは、あまり意味がないと思います。

 

睡眠の質が悪いと、仮に10時間眠っても疲労は回復しませんし、逆に「ショートスリーパー」と呼ばれる短時間の睡眠をとる人は、たったの5〜6時間でも何事もなく健康に生活ができるということです。

 

 

 

では、睡眠の質が悪い人は、もう諦めるしかないのか?と思ってしまうかもしれませんが、そこは不安にならなくても大丈夫です。

 

 

なぜなら、ちゃんと実績のある対策方法は存在するからです。

 

 

もちろん、睡眠の質(疲労回復力)は個人のもともとの体質(能力)にも多少依存しますが、

 

睡眠と疲労の関係をよく理解すると、睡眠の質を高める方法も習得できるようになります。

 

ポイントは、疲労の原因そのものと、睡眠との間に密接な関係があるというところです。

page top