寝る前、寝起きには、ミネラルウォーターを

寝る前の水は、睡眠効果があるほかに、もっとスゴいメリットがありました。

安眠に水

 

シンプルな水を飲むことで、様々なメリットがあります。

 

普段、何気なく飲んでいる水は、無味・無臭・カロリーゼロ ですが、実は私たちにとって、もっと素晴らしいメリットがあります。

 

 

 

寝る30分前に水を飲めば、睡眠剤としての効果があると言われています。

 

例えば、空腹で寝つきが悪いときも、脳へ上がりがちな血液を腹部に引き下げてくれて、緊張をほぐしてくれます。
ですので、心地よい眠りにつくことができます。

 

 

 

また、寝ている間には、水分がなくなっていくので血液の濃度がだんだん濃くなっていきます。
その現象が原因で、睡眠中や起床後に脳梗塞や心筋梗塞が起こりやすくなります。

 

 

それらを予防するためにも、寝る前の水分補給が大切です。

 

ここで注意するポイントは、寝ている間は水分を排出する腎臓の機能が低下するので、寝る直前に大量の水を飲むと翌朝には顔がむくんでしまうので、飲みすぎに注意しましょう。

 

 

人は、体を休ませるために、睡眠中に約300mlもの汗をかくと言われています。
そのため、朝起きたときの体は、水分がカラカラで血液がドロドロ状態の酸欠状態で目覚めています。

 

 

ですので、朝もコップ一杯の水を飲むことによって、体のスイッチがONになり、各機能が動き始めます。

 

 

 

便秘ぎみの人にも、効果的です。

朝起きて、体内に水を入れると、胃腸をほどよく刺激してくれて、便意を感じさせてくれます。
規則正しい便通が毎日あるということは、体の代謝が良くなり、万病を予防してくれることが期待できます。

 

特に、便秘が激しい人は、良く冷やした硬水が良いとされています。カルシウムやマグネシウムが細胞を刺激してくれて、スムーズに排便をうながしてくれるからです。

 

 

 

 

まとめ

寝る30分前のコップ一杯の水は、睡眠を促してくれて、寝起きの体の負担を減らしてくれます。
寝起きのコップ一杯の水は、体の各機能をONにしてくれ、体の代謝が良くなり、便通をスムーズにしてくれます。

 

そして、万病を予防してくれます。

 

 

 

現在、様々な水が販売されていますが、自分に合う水を探すことも大切だと思いました。
なぜなら、水が合わないと、おなかをこわしたりする人もいるからです。

 

この方法は、シンプルで継続しやすいので、健康なうちから習慣として続けていきたいものです。

page top