実際の睡眠の効果

睡眠の効果F

2つのホルモン効果でダイエットがうまくいきやすい

 

良い睡眠とダイエットには、大きな関係性があります。

 

ダイエットの基本といえば、食事になってきますよね。

 

「食べる量を減らせば痩せるのは分かっているけど、どうしても食べてしまう」
という悩みは、だれもが一度は考えたことがあるダイエットの永遠のテーマです。

 

何年もダイエットを続けているけれど、今いち成果が出ない、そんな方は意志が弱いのではなく、睡眠が良くないのかもしれません。

 

実は、睡眠不足や質の悪い睡眠は食べ過ぎにつながります。
これは「グレリン」と「レプチン」という2つのホルモンが関係しています。

 

まずグレリンは食欲を増進させるホルモンです。
グレリンが増えると「食べたい」という欲求が増加します。

 

一方、レプチンは満腹感を感じさせるホルモンです。
レプチンが低下すると、たくさん食べても満腹感を得にくくなってしまいます。
睡眠不足や質の悪い睡眠が続くと、グレリンは増え、レプチンは減少します。

 

グレリンは増えると、食欲増進。レプチンは減ると、満腹感減少。

 

 

つまり、「食べたい」欲求が増える一方で、満腹感を得にくくなってしまうので、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

 

良い睡眠を取ることができれば食べ過ぎを抑えられるだけでなく、成長ホルモンにより新陳代謝が促進され、痩せやすい体質につながるなど、良い睡眠にはダイエット効果があるのです。

 

 

 

 

 睡眠の効果G

 

たまったストレスが解消できる

 

ストレスを感じやすい現代社会。強いストレスが発生した時に体内ではあるホルモンが分泌されます。
それが「コルチゾール」です。
コルチゾールはストレスに関与し、ストレスが減少すると、その量は減少します。
しかし、常にストレスにさらされているとコルチゾールの分泌量は常に高い状態のままになります。

 

 

コルチゾールが増えると免疫力の低下や生活習慣病の発症リスクを高めます。
そのため、日頃からコルチゾールが過剰分泌しないようストレスを軽減した生活が求められます。
ゆえに、良い睡眠を取ることができれば、ストレスを軽減しコルチゾールの増加を防ぐことができます。

 

またコルチゾールは、睡眠にも密接な関係があるホルモンです。それは覚醒のためのホルモンだからです。
ヒトは目覚めが近づくと体内でコルチゾールの量が増え、その働きによって覚醒します。

 

 

眠りから覚醒に至るときには重要な役割を果たしますが、逆にいざ寝ようというときにコルチゾールの量が多いと寝られません。
これが、ストレスがあると眠れない理由です。

 

「ストレスが多い→眠れない→ストレスが解消されない→さらに眠れない」 という悪循環になってしまいます。
良い睡眠をとり、ストレスを解消しましょう。

 

 

 

 

セロトニンの分泌が「心の安定」につながる

 

「セロトニン」という言葉を聞いたことがありますか?
 セロトニンは、別名「幸せホルモン」ともいわれ、心を安定させたり、意欲を出させたりする役割があります。
逆にセロトニンが減少すると精神が不安定になり、感情の起伏が激しくなります。

 

昨今、対策が急がれているうつ病は、このセロトニンが不足することによって発症すると考えられています。

 

実は、セロトニンと睡眠とは深い関係があります。
良い睡眠をとると、朝起きた時に脳内でつくられるセロトニンの分泌量が多くなります。

 

 

そのセロトニンは、起床後14〜16時間程度経過した後、眠気を誘う「メラトニン」というホルモンに変化します。
メラトニンは「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、脳に作用して眠りに適した体内環境を整えてくれます。 

 

ゆえに、睡眠不足でセロトニンの分泌量が少ないとイライラするばかりか、セロトニンから変化するメラトニンも減少することで、入眠さえも妨害されてしまいます。
良い睡眠をとれば、「良い睡眠→セロトニンが十分に分泌される→心が安定→良い睡眠」という好循環が生み出されるようになります。

 

日本の一般成人を対象にしたデータによれば、質が良く適切な睡眠時間をとっている人は抑うつ度が低いという結果が出ています。

 

 

 

良い睡眠はそういった心の過敏な反応を抑えることもできるので、心の安定につながるのです。

 

 

 

 

短時間睡眠ってほんとにできるの!?

 

「誰でも短時間睡眠ができる!」
そんな内容を謳う本や記事を最近よく見かけるようになりました。

 

しかし、本当に誰でも短時間睡眠ができるかといえば、かなり怪しいだろうと思われます。

 

 

短時間睡眠でよくいわれるのは、深い睡眠がしっかり取れていれば睡眠が短くても問題ないということです。
また仮眠を繰り返すなどの方法もあるようです。

 

 

 

国立精神・神経医療研究センターが2016年に発表した研究では、浅いノンレム睡眠やレム睡眠も代謝やストレス応答機能の維持にとって重要であるということが明らかになりました。
睡眠時間を短くすることで、深い睡眠が優先的に取られるので、全体的に深い睡眠の割合が増えるのは間違いありません。

 

8時間睡眠の時にお話ししたように睡眠時間には個人差があります。短い睡眠で健康に過ごせる人もいれば、たっぷり睡眠を取らないとダメな人もいるのです。
「とにかく短時間ですませたい」と睡眠を軽視するのではなく、睡眠を大切にしていくことが結果的にプラスになるはずです。

page top