実際の睡眠の効果について

睡眠の効果C

 

記憶が整理され、「作業能率がアップ」する

 

『徹夜して勉強をがんばった!』 『今日の会議に間に合うように、徹夜で資料を作成した。』

 

という状況を、知り合いやドラマなどでもよく見かけたりします。

 

徹夜が体に良くないことは十分承知なのに、乗り切らなければ仕方がないということもありますよね。

 

 

しかし、徹夜が私たちにどれだけの悪影響を及ぼすのか、知らない方も多いので簡単にご紹介します。

 

 

 

たとえば、6時間睡眠(睡眠不足状態)が10日間続くと徹夜明けの状態と同じレベルまで認知機能が落ちてしまうということです。
また、徹夜した状態での作業能率の低下は激しいです。たとえると、アルコールを5,6杯以上飲んでいるくらいの認知能力が低下するといわれています。(個人差あり)

 

 

 

 

このデータをまったく逆から考えてみると、良い睡眠がとれれば、それだけパフォーマンス(作業能率)を上げることができるということです。

 

もし、自分の睡眠が良くない状態で長年生活していたとして、、当たり前だと思っていた普段の作業能率が徹夜レベルや大量のお酒を飲んだレベルだとしたら、なんともったいないことだったのかと思ってしまいます。。

 

でも前向きに考えれば、「今より良い睡眠が取れれば、どこまで自分のパフォーマンスは上がるのだろう?」と、プラスに期待できる可能性も出てきます。

 

また、睡眠を取ることでスキルが向上したり、洞察力が身につくという研究結果も出ているとのことですので、見直さなければもったいないと思います。

 

 

このことに関する、おもしろい実験結果が載っている本を読みました。

 

ドイツ在住ののウォーナーという人らによって行われた研究では、

 

コツコツと計算すると時間がかかるけれど、隠れた法則を見つけることができれば、簡単に解けるようになる問題を解かせるという実験をしました。
課題を実施した後に、睡眠をとったグループと眠らなかったグループに分けて結果を比較すると、前者の方が後者の2倍以上もの法則を発見することができたといいうことです。

 

 

これらは睡眠中に記憶の整理が行われることで、スキルや洞察力が向上したことが原因だということです。

 

昨日までできなかったことや分からなかったことが、突然できるようになったら、それは睡眠が良い影響をもたらしてくれている可能性は高いです。

 

 

良い睡眠をとることで、勉強や仕事などが効率的に進められるようになるということが、良くわかる実験結果でした。

 

 

 睡眠の効果D

 

記憶で運動力が向上する

 

記憶力アップと作業能力アップを紹介しましたが、関連するものとして運動能力のアップがあります。
これは、先ほどお話しした記憶と大きな関係があります。

 

実は運動も記憶の1つだということなのです。、自転車の乗り方やスキー、水泳のように一度覚えるとなかなか忘れないものをさします。

 

運動能力を上げようと思えば、繰り返し練習すると思います。そして、練習の結果、目標にしていたことができるようになると『上手になった』と考えます。

 

 

この練習したことができるようになるためにも、睡眠中に記憶の定着が行われます。
そのため、良い睡眠をとることが運動能力アップにつながるということです。

 

 

また良い睡眠が取れていれば細胞の損傷がなく、疲れがとれた状態なので、良いパフォーマンスができるというメリットも大きいです。

 

 

楽器の演奏のことでも、同じことが言えます。

 

思い通りに指や体を動かすという点では、運動能力の1つです。

 

練習した後に睡眠を取ることで、指の動かし方や体の動かし方を記憶します。

 

その結果、睡眠を取ることによって楽器も上手に演奏することができるようになります。
ほかに、デッサンやタイピング、様々な仕事を覚えるということも、同じことが言えます。

 

まとめますと、運動や楽器演奏などの、体で覚えていくというようなものは、良い睡眠をとることで、効率的に習得していけるということです。

 

 

 睡眠の効果E

 

美容・アンチエイジング効果を高めることができる

 

活性酸素は、老化の原因にもなると言われています。
老化と疲れの仕組みは、基本的に同じだということです。

 

どちらも活性酸素が体の細胞をサビさせ、傷つける結果起こる現象です。

 

「細胞を修復し、疲れを解消させる物質」と言われている疲労回復物質は、加齢によって反応性が低くなっていくといわれているので、これが老化を引き起こす要因です。

 

加齢により、反応性が低くなることで修復しきれない細胞が徐々に増えていきます。

 

その結果、体がサビついていき、傷つくことが老化につながります。

 

 

 

しかし、良い睡眠を取ることで効果的に細胞を修復することができます。
細胞の修復が行われれば、老化スピードを緩めることができるのです。

 

まとめますと、睡眠はアンチエイジング効果が非常に高いです。さらに良い睡眠は美容にもつながります。

 

良い睡眠を取ることで大量に分泌される成長ホルモンは、新陳代謝を促す効果があり、新陳代謝が活発になることで新しい細胞が作られます。

 

細胞の修復と新しい細胞の生成が行われるようになると、美肌やシワ・シミの予防にもつながっていくということですので、この睡眠のメリットを最大限に使えるように

 

睡眠の質を少しでも上げていくように努めたいものです。

 

page top